[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

社長挨拶

代表取締役社長 近藤 俊之

新経営ビジョンの実現に向けて

経営環境の変化が激しさを増し、企業活動のグローバル化や情報セキュリティのリスク対策、2025年の崖への対応など事業を支える安定的なIT運営への要請とともに、AIをはじめとする先端的な情報技術やさまざまなデータの活用を競争優位の源泉とする動きが注目され、経営からはその変化に適応する先導役としてIT部門への期待・役割は大きく広がっています。

キリングループにおいても長期経営構想(キリングループビジョン2027:KV2027)の中で、「価値創造を加速するICT」を戦略として組み込み、新たな取り組みがスタートしています。
私たちキリンビジネスシステム(株)は、キリングループの情報機能をキリンホールディングス情報戦略部とともに担い、グループ各社に最適なITサービスの提供を行っています。その過程では、当社の強みであるキリングループの業務知識、システム知識、ITスキルに加え、先端技術の探索、活用面でもアライアンスを組んでいる(株)NTTデータの資産を利用して、事業課題の解決、IT部門の人材育成を行っています。

このたび、情報機能に対する経営からの高まる期待を受けて、私たちも次のステージへと向かうために新経営ビジョン、行動指針を見直しました。
新ビジョンは「キリン×ITで社会・お客様・働く仲間のよろこびを創造する企業になります」です。
これは社員が中心となって議論を重ね、キリングループが取り組む「お客様や社会と共有できる価値の創造」に一緒に取り組み、そして当社で働く誇りと愛着をもって、進化をしていく思いが強く込められたものです。
以下の7つの行動指針を実行に移し、キリングループのITを支え、新経営ビジョンの実現を目指していきます。

ページトップへ

[ここからフッタです。]