[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

組織図

キリンビジネスシステムにはインフラ強化推進グループ、運用強化推進グループ、開発プロジェクト統轄部(システム開発グループ、方式設計グループ、品質保証グループ)、基幹システム統轄部(物流システムグループ、生産情報システムグループ、シェアードシステムグループ)、営業システム統轄部(営業システム第1グループ、営業システム第2グループ、飲料・自販機システムグループ、調達システムグループ)、システム基盤統轄部(マスター標準化グループ、ワーキングスタイル変革グループ、情報セキュリティ推進グループ)、経営企画部、経営管理部(人事総務グループ、業務グループ)があります。 インフラ強化推進グループ 運用強化推進グループ 開発プロジェクト統轄部 基幹システム統轄部 営業システム統轄部 経営管理部 経営企画部 システム基盤統轄部

インフラ強化推進グループ

  • 綜合飲料グループ戦略に基づき策定された情報部門の中長期的なIT技術基盤整備計画を推進する。
  • グループのIT技術基盤となる共通、先進技術を探索し、グループ各社の事業活動に貢献する。

運用強化推進グループ

  • アプリ運用業務に関する品質強化マネジメント活動計画を企画、立案、推進する。
  • アプリ運用業務における生産性を可視化し、生産性向上施策の立案、推進・普及展開を行う。

開発プロジェクト統轄部

  • 事業情報化計画に基づく各情報システムのコンサルティング、開発を効果的かつ効率的に行う。
  • 情報システムの開発における生産性および品質向上を目的としたアプリケーション基盤方針、アーキテクチャー方針の立案、推進・普及展開を行う。
  • 全社的な品質マネジメントシステムを構築するとともに、その運用を効果的かつ効率的に行う。
  • 情報化運営全般における人材像、人財育成体系を定義し、推進する。

基幹システム統轄部

  • 綜合飲料グループ戦略に基づき策定されたSCM(生産・物流・需給)、および経営管理・シェアード業務(経営・総務・人事労務・会計など)に関連する事業情報化計画を推進する。
  • 事業情報化計画に基づく各情報システムのコンサルティング、開発、運用・保守を効果的かつ効率的に行う。
  • 国内綜合飲料事業における情報システムに関する案件を統括する。

営業システム統轄部

  • 綜合飲料グループ戦略に基づき策定されたSCM(販売情報)およびシェアード業務(調達)に関連する事業情報化計画を推進する。
  • 事業情報化計画に基づく各情報システムのコンサルティング、開発、運用・保守を効果的かつ効率的に行う。
  • 国内綜合飲料事業における情報システムに関する案件を統括する。
  • デジタルマーケティング戦略、グループWebコミュニケーション戦略策定の支援及び推進を行う。

システム基盤統轄部

  • システム基盤(共通マスタ、共通アプリ環境、情報セキュリティ)を整備・管理し、ITの戦略に基づきガバナンスを推進する。
  • 綜合飲料グループ戦略に基づき策定されたシステム基盤(共通マスタ、共通アプリ環境)に関連する事業情報化計画を推進する。
  • 事業情報化計画に基づく各システム基盤(共通マスタ、共通アプリ環境)のコンサルティング、開発、運用・保守を効果的かつ効率的に行う。
  • 国内綜合飲料事業におけるシステム基盤(共通マスタ、共通アプリ環境)に関する案件を統括する。
  • キリングループの情報セキュリティ統轄部門として、KC情報戦略部と連携し、キリングループの情報セキュリティの推進体制を強化する。

経営企画部

  • キリングループの経営戦略をふまえ、自社の経営戦略/経営計画を企画/立案/推進するとともに、トップマネジメントの意思決定を支援する。
  • 策定した経営戦略、経営計画に沿って、各統轄部の戦略PDCAが確実に実行されるようモニタリングする。
  • 戦略課題の実施にあたり、統轄部門間の調整・連携を支援する。

経営管理部

  • 総務・人事・経理・購買機能を担い、公正かつ効率的な運営を行うことにより、全社の円滑な業務遂行を支援する。

ページトップへ

[ここからフッタです。]